でこりん日記

ラグビーとおでこについて。正しくないけど間違ってない程度の知識と分かりやすさでがんばります

2017 Super Rugby 開幕! スーパーラグビーってなに?

ご無沙汰しております。今回も随分遅ればせながら、先日参戦してきたSuper Rugby 開幕戦のレポート、の前にまずスーパーラグビーってなあに?ということをまとめておこうと思います。

 

◆Super Rugby (スーパーラグビー) とは?

<概要>

まず念頭においてもらいたいのは、スーパーラグビーは普通の日本人が知ってるスポーツのフォーマットではなく、例えばサッカーでいうところの〜〜のようなもの、という説明ができない、ということです。まったく新しい概念として覚えてください。一言だと、スーパーラグビーは南半球の多国籍プロリーグで、概要は↓

 誰が:各クラブと契約したプロ選手(人種は問わない)

 いつ:毎年2月〜8月まで

 どこで:日本・オーストラリア・ニュージーランド南アフリカ・アルゼンチン

 どうやって:グループ内では総当たりのようなもの、優勝決定戦はトーナメントで

 

<どんな人がやってるの?>

南半球のラグビー列強国(日本・オーストラリア・ニュージーランド南アフリカ・アルゼンチン)がそれぞれ数チームの枠を持ってプロクラブチームを作っています。例えば、昨年の優勝クラブであるハリケーンズニュージーランドのクラブチーム。縛りはありませんが、概ねニュージーランドの選手が所属しています。繰り返しになりますが、スーパーラグビーは列強国で作る多国籍プロリーグになるため、レベルは当然世界トップ。国の中でも相当有名な選手だけがスーパーラグビーに参戦するクラブへ入ることができる=ほぼほぼ国代表、と捉えて大丈夫だと思います。

 

<大会フォーマットは?>

そうやって作られたプロ集団が下のグループ、さらにカンファレンスに分かれ、カンファレンス内の総当たり+違うカンファレンスの別のチームちょっと対戦。その後の順位でプレーオフ(=優勝決定戦)が行われます。 日本チームのサンウルブズは下記の通り、アフリカカンファレンス1というグループで、同じグループ内で総当たり(ホーム&アウェイ:2試合)とアフリカカンファレンス2と1試合づつ、最後に別のグループであるニュージーランドカンファレンスとそれぞれ1試合、計15試合の対戦がレギュラーシーズン。うまくすれば、その後のプレーオフはトーナメント(負けたら終わりのやつ)で優勝を決めます。

f:id:mayutan12164:20170312092323p:plain

 大会フォーマット J SPORTS HPより引用

 

<特徴>

試合は毎週末(2回のBYE WEEK=お休み、以外は)基本ホーム&アウェイで行われるため、移動距離が半端ない&試合内容はトップレベル、という世界でも稀に見る過酷なリーグなのです。そうなると選手の疲労や怪我に対するマネジメントも必要であり、いい選手がたくさんいる(選手層が厚い)国・チームが勝ちやすくなるということもあります。

また南半球のラグビーは北半球と比べてスピード感があり、トライが多く生まれる、という人もいます。所謂「アタッキングラグビー」が主流です。細かく言うと、オフロードパスというタックルを受け倒れながらのパスやランが多く、ボールがたくさん動くので、ラグビーにあまり明るくない人でも楽しみやすいと思います。

 

というわけで今回はスーパーラグビーについてまとめてみました。実は先日のハリケーンズ戦@秩父宮へ友人を誘ったのですが流れで不参加、からの当日オールブラックスの選手いっぱいいるよ!とラインしたら、そうだったの?!行きたかった!となったことに非常に後悔しております。ちゃんとオールブラックスの選手もいるよ、ということを説明してあげればよかった…&オールブラックスのブランド力を改めて感じたでこりんなのでした。次は日本チームであるサンウルブズについてまとめて書いてみようと思います:)