読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でこりん日記

ラグビーとおでこについて。正しくないけど間違ってない程度の知識と分かりやすさでがんばります

7.2 SR15 VSワラターズ オフロードパス

引っ張ります、ワラターズ戦。今回はこの試合でキーになったオフロードパスについて書きたいと思います。

f:id:mayutan12164:20160709095603j:plain

写真はオフロードパスの名手 ソニービルウィリアムズ(NZ)

http://en.espn.co.uk/scrum/rugby/story/250031.html

 

オフロードパスとは?

オフロードパスとはタックルされながらも倒れる直前に、味方にボールを渡すパスのことです。基本のルールとして、タックルされて体が地面についてしまった選手はデッドプレーヤーとなり、再び立ち上がるまでプレーを再開することはできません。しかし、オフロードパスは倒される直前に発生するので、ギリギリセーフなプレー、としてカウントしてます。

投げられたボールを受けた人、つまりオフロードパスを受け取った選手はだいたいの場合、ラインブレイク(つまり相手のディフェンスを抜けて前に進むことができている)しています。つまりオフロードパスが上手く繋がると、ほぼ確実に陣地を獲得することができるのです!スゴイ!

百聞は一見にしかずってことで、下の動画を見てみて下さい!昨年のワールドカップのオフロードパス集。オフロードした選手の名前も入ってる、とてもいい動画です。

www.youtube.com

 

◆オフロードパスがどうして効くのか

タックラーにタックルさせる隙がなくなるからです。

これまた基本的なルールとして、タックルをしていいのはボールを持っている人(ボールキャリアー)だけです。通常のパスの場合には、ボールが空中を移動している時間と方向で次のボールキャリアーが誰で、自分が誰にタックルするべきかを判断することができます。

しかしオフロードパスの場合には、ボールが浮いてから次のボールキャリアーに渡るまでの時間と距離が短いため、ボールキャリアー(オフロードパスを受け取った人)にタックルすることがとても難しくなるのです。その結果として、オフロードパスを受け取ったボールキャリアーはラインブレイクしやすくなるのです。説明がムズカシイ…

 

◆どんどん使いたいオフロードだけど…

オフロードパスが次のボールキャリアーへ渡りやすい条件があるせいで、なかなか繰り出せない技、つまりスーパープレーなので、なかなか繰り出せないというのも実情です。

1つ目の条件として、オフロードパスを投げる人がタックラーよりも強くなければなりません。倒されながらもボールを投げられるだけの余力が必要なのです。無理にオフロードをすると、うまくボールをコントロールできず、敵にボールが渡ってしまう、なんてことはよく見ます。だったらラックになった方がよかったわ!となるパターンです。

2つ目として、オフロードパスに反応できる味方プレーヤーが近くにいなくてはいけません。オフロードパスは綺麗に投げれているけど、味方が誰も受け取れない、反応できないために、結局敵にボールが渡るというのもよく見ます。

 

そんなこんなで見れたらラッキーのオフロードパス、ご理解頂けましたでしょうか。いつかのJSPORTS解説で野澤さん(元日本代表フッカー現日本協会リソースコーチ)が「オフロードパスの回数とトライの回数にはポジティブな相関がある」ということを仰ってました。ディフェンスシステムが発達している近代ラグビーでもかなり使えるし、これからも攻撃オプションの主流になるオフロードパス、覚えているとラグビー通ぶれるかも笑!